×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

授乳について・・・・・
ミルクをあげる時の注意点をあげてみたいと思います。
あくまでも個人の意見なので参考程度に見てくださるといいかな?


◎哺乳瓶を咥えさせた時、最初吸わないで噛む事が多かったんですが、嫌がって噛んでいる場合と、お母さんにオッパイ出して  よとサイン送っている場合があるんじゃないかと感じました。

◎哺乳瓶を噛んだ時、少し哺乳瓶の胴体を押して、ミルクを口の中ににじませると
  吸い始める事が多かったです。

◎ミルクの温度は大事。常にあたため用のお湯を用意して、ミルクが冷えたら
 お湯ですぐ暖めてあげてました。

◎ミルクをあげたら、暖かいお湯にしたした脱脂綿でおしりを刺激するようにしました。
 

発育について
体重増加についてですが、以前多摩動物公園の野うさぎの記録では、生後すぐでは、78〜165gで平均113gとあります。

それからすると、ミルは我が家にきて3日目に176グラムなので、保護した時点で2週間と判断したのですが、

もう少し、日数は少なかったかもしれません。

その後は28日〜38日目には、1kgに達するのが、平均のようです。

大人になった時の体重ですが、いつの時点で大人と判断するか難しいのですが、昭和30年にトウホクノウサギを24羽

捕獲した際、平均体重は2.4kgだったそうです。

最低が1.8kgだったとのことで1.8kgあれば大人であるのではないかとかんがえます。

それと性成熟とは、また違ったとらえ方です。

多摩動物公園では、トホクノウサギで生後220日で妊娠。

鹿児島林業試験場では、キュウシュウノウサギが生後286日〜434日で妊娠。

もっとも早く妊娠したのは生後8ヶ月で、8ヶ月以降が性成熟の日数と考えます。

次ページで体重増加について、表にしました。